5月3日は営業いたします
cfbanner.gif
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 間違いないスニーカー選び。「スタンスミス」が入荷しています。 | main | ボトムスに変化が欲しいなら。「CURRENT / ELLIOTT (カレントエリオット)のブラックコーティングデニム」」 >>
「CURRENT/ELLIOTT(カレントエリオット)」のスウェットをピックアップ。

JUGEMテーマ:ファッション

 

 

 

 

「CURRENT/ELLIOTT(カレントエリオット)」から新作が届いています。

 

デニムを中心としたコレクションですが、最近はトップスのバリエーションも増えてきました。

 

デニムが得意なブランドは他のアイテムを作っても生地使いや加工がとてもうまい、というのは業界あるある。

 

本日はそんなカレント・エリオットから届いた「スウェット」をピックアップしました。

 

 

 

 

カレントエリオット スウェット.jpg

 

THE SLOUCHY CROP SWEATSHIRT

COL:BURNISHED LILAC

¥23,000.- + tax

CURRENT / ELLIOTT 

 

 

 

 

カレントエリオット 裏毛.jpg

 

 

 

 

 

カレントエリオット トレーナー.jpg

 

 

 

 

 

current elliott スウェット.jpg

 

 

 

 

 

current elliott トレーナー.jpg

 

 

 

 

 

<デザイン良し、色目良し、着心地良し、の良いとこ取りなプルオーバースウェット>

 

 

 

デニムのプロフェッショナルがスウェットを作ると、雰囲気良いなぁと感じることが多いです。

 

デニムは「加工」が仕上がりに大きく影響を与えますが、それに伴って加工に耐えうる素材選びも重要になって来ます。

 

このスウェットも例にもれずそんなブランドの実力を感じる一枚です。

 

 

「しっとり」と「さらさら」が絶妙に合わさったような感触は、他のスウェットと比べてもあるようで無いような、そんな不思議な感触。

 

この薄めのフェイドした印象の「ピンク」は肌とのなじみが良く、存在感はありつつコーディネートしやすいカラーです。

 

今年注目されているこれ系の色目は何か一つ抑えたいと思いますが、こちらはほどよい厚さで着られる時期が長いので、真夏は着ないとしてもそれ以外でおおいに活躍してくれそうです。

 

 

 

ドロップショルダーに身幅に余裕のあるシルエット。

 

さらに、一見アンバランスな印象になりそうなくらいの丈でカットオフ、という仕様。

 

実際に袖を通せば生地の落ち感でちょうど良いバランスに落ち着きます。

 

自然に裾がくるくるっとしてくるのも可愛いです。

 

インナーに長めのカットソーを合わせるようなレイヤードスタイルも良さそう。

 

基本的にはベーシックなアイテムですがしっかりとデザインも楽しむ事が出来るので、結果的にたくさん着たなぁと感じる一枚になりそうですね。

 

 

 

デニムでここの魅力を知っていらっしゃる方はぜひ「スウェット」や他のトップスも試していただきたいです。

 

 

 

 

※本日のCURRENT / ELLIOTT (カレントエリオット)のアイテムに関するお問い合わせはこちらまでどうぞ。


0172-32-9632
または
cf.mail@ciento.co.jp
 

 

 

 

CIENTO.f instagram

最新の入荷、オススメをアップしていきますのでよろしくお願いいたします。


↓↓↓↓↓
ig-badge-view-24.png

 



Ciento.f Facebookページ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

Ciento.f Facebookページ




※当店では専用駐車場を完備しております。


F-PARKING.jpg


当店裏手の道路に面して駐車場がございます。
お車でお越しの際はぜひこちらをご利用下さい。


当店の場所はこちらをご覧下さい。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

Ciento.f MAP

 

 

| CURRENT/ELLIOTT | 15:16 | - | - |